小布施栗
 小布施栗の始まりは言い伝えによると弘法大師が栗を蒔いたと言われるが萩野常倫なる雁田城主が室町の初期に丹波から栗苗を取り寄せたという説もあります。 
 江戸時代には松代藩の御林となり将軍への献上が済むまでは栗を口にする事は出来ないとされお留め栗とも呼ばれたいた。
 俳人一茶が我が家自宅南東に有った高札の近くで詠んだとされる句が有ります。  拾われぬ栗の見事よ大きさよ
 当園の先祖は明治まで世襲で御林守として松代藩より栗林の保護管理を世襲で任されており当時の収量等の目安とした枡などが有ります。
 本来の小布施栗の産地は旧小布施村の林地籍に栽培された物であります。
お問い合わせの多い栗拾いは希望があれば栗を撒いておきますので体験してください。
栗は落ちたままにしておくと虫がついたり乾燥してしまいますので

 関谷園で品種は古来の品種である小布施2号を僅かに栽培しておりますがこの品種の味は非常に美味しいのですが粒が小さく収量も上がらない為現在小布施で栽培面積が極僅かで販売されている所は極一部と思われます。

当園では規格を3段階に分けて販売をしております。

 価格
小布施栗 大  キロ1500円から
小布施栗 中       1200円
焼き栗体験は     栗代金プラス300円
以上の価格に消費税が加算されます。

只今予約受付中です。